犬の散歩は毎日しています。気温が低いと雪の上は歩ける状態になります。これがとけてくると歩いた途端にズボッとゆきの中に足がつっこんでしまうのですが、それが今はまだ大丈夫な状態です。今日もいつもとかわらず散歩していたら、いきなり背中を雪にこすりつけるのです。一回だけではなく何度も。背中がかゆいのかなぁと思わせるくらいこすりつけていました。
しばらくしたら、こすりつけながら、雪をたべはじめたのです。寝っころがってガリガリみたいなかんじです。なにやってんだかって感じです。検索していたらこういった行動はニオイをつけるということもあるんだそうです。
あーなるほどと思いました。ニオイをつけてもキツネが歩くくらいですからね。キツネにアピールしているのでしょうか。

広告を非表示にする